やりこみ系ゲームが好きな管理人がゲームに関する情報を扱うブログです。

やりこめ!ゲームdays

MHW

【MHW】歴戦王ネルギガンテの対策や攻略装備など

更新日:

出典:モンスターハンター:ワールド

本日5/11についに最後の歴戦王である歴戦王ネルギガンテが実装されました!
告知から実装まで少し間があいてようやく、といったところですね。

また開発自身が「最強の歴戦王にしたい」って言っていたのを反映してか今までの歴戦王と違ってBGMも歴戦王用にアレンジされた専用BGMとなっています。
通常のネルギガンテのBGMの中にMHWのメインテーマが織り込まれており、まさしく無印MHWの締めくくりにふさわしい感じとなっていますね。

今回はそんな歴戦王ネルギガンテの攻略についてあれこれまとめてみたいと思います。

スポンサーリンク

通常のネルギガンテからの変更・強化点

・ステータス大幅上昇
・新モーション追加(ジャンプ→すぐに急降下タックル)
・必殺技のダイブの行動速度上昇

他の歴戦王と比べて異常なまでのスリップダメージ等はなく純粋に強化されたネルギガンテといった感じ。
個人的にトゲが異様に硬くなりやすくなるとかそういう方向の調整を予想していましたが、そういった理不尽な方向の強化ではないです(とはいえ単純に耐久力が上がってるので壊しにくくはなってますが)

しかし新モーションがとにかく厄介。発生がとても速く、見てから対応するのが難しい。
見た目の割には攻撃範囲が狭いですが、とにかく何時でもジャンプからの急降下に対応できるように立ち回らないといけないので大変です。

また、必殺技の咆哮から繰り出すダイブ(なんか名前あったけど忘れた)もモーションが通常のネルギガンテより早くなっている様子。
直前の咆哮に捕まっても今まではなんとか回避が間に合うことも多かったですが、行動が速くなったことによって回避が難しくなっています。

攻略オススメスキル

歴戦王ヴァルハザクの瘴気みたいな個別に対策すべきようなものはありませんが、あると助かるスキルを集めてみました。

耳栓Lv5

上述のダイブを使う時は必ず咆哮を使うので、その方向を無効化することで回避が安定するのでガードが出来ない武器なら付けると安定性が増す。
ダイブ以外の部分でも結構咆哮の頻度が割と高いモンスターなので相性の良いスキルと言えます。

ガード性能Lv5

ガード強化はいらないが、ガ性5のランスでも削りが発生する攻撃が多いくらいなのでガードを主体にして戦うならガード性能5まで発動させたい。

心眼

部位耐久値が上がっており、トゲが硬質化しやすくなっている(マルチでは補正が掛かり特にトゲの破壊が困難になる)。
硬くなったトゲに弾かれて被弾することもあるかもしれないので近接武器ならあれば嬉しいかも。

ただし硬質化が進んでもダイブを使うたびにトゲはリセットされるので、必須というほどではない。

歴戦王ネルギガンテ攻略に使った装備

歴戦王ネギ実装前から何で行こうかあれこれ考えていましたが、結局太刀で挑みました。
内容はこんな感じ。

見切り斬りで立ち回るならガード性能等はいらないので耳栓と保険の体力増強だけ積んであとは達人芸を軸に火力に振った構築。
全て見切る自信があるならダイブすらいなせるので耳栓もいらないかもしれないが、立ち位置次第ではトゲばら撒きに当たったりするし耳栓があることで余裕をもって立ち回れるし、咆哮中に兜割りする機会が生まれたりもするのであってもまぁ無駄にはならない。

まとめ

・新モーションが出が速くて強い
・ダイブの行動速度向上によって脅威度アップ
・耳栓、ガード性能があると安定性が上がる
・ネルギガンテの正統な強化版といった感じ

歴戦王最強…かどうかはわかりませんが、少なくとも今までのトゲを破壊されてダウンばかりしていたネルギガンテと比べたら大幅に強化されたモンスターとなっています。
スリップダメージみたいな小細工で攻めてくるわけでもなく、最初は手強く感じますがやっていればだんだん立ち回り等が分かってくるので良調整でやっていて楽しいと感じましたね。

とりあえず歴戦王ネルギガンテについてはここまで。
何か気付いたことなどがあればまた追記修正していきます。
この記事が少しでも参考になればと思います。

スポンサーリンク



スポンサーリンク



-MHW
-, ,

Copyright© やりこめ!ゲームdays , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.