やりこみ系ゲームが好きな管理人が主に携帯機やスマホゲーに関する情報を扱うブログです。

やりこめ!ゲームdays

アズールレーン

【アズレン】3/27アップデートの感想とか書いていく

更新日:

まず初めにリアルが立て込んでてまたまた更新が遅れてしまい申し訳ありません…

というわけで本題に入ります。
先月3/28に、アズールレーンでアップデートがありましたね!
アプデに伴ってイベントが開催されたり新規キャラが追加されたり既存キャラの改造も追加されたりとかなり盛沢山なアップデートでした!

というわけで今回は、先日のアップデートに関する感想を色々書いていきたいと思います!

スポンサーリンク

イベント「紅染の訪問者(復刻)」


昨年の十月末頃に開催されたイベントが多少リニューアルされてそのまま復刻。
腕試し用のエクストラ海域や累積イベントポイント入手数の報酬が追加された以外はイベント海域や報酬などは基本そのまま。かの酸素魚雷も前回入手者ももう一つ交換できます。

前回のイベント参加者でもイベント海域の進行状況はリセットされているのでA1(C1)から一つづつクリアする必要はあったけど、前回のイベント海域を進めていればイベントストーリーは既読として扱われていたのでサクサク進みました。
一度読んだようなストーリーでも実際に出てこられるとまたついつい読んでしまいそうになるので、地味なようだけど俺にとっては結構ありがたい仕様。

イベントPt累積入手報酬

復刻イベントで最も注目すべき変更点としては先ほども書いたように、絵馬(=イベントポイント)の交換報酬だけでなくイベントポイントの累積入手数に応じた報酬まで追加されていました。

累積入手報酬はここでしか手に入らない三隈や、何かと足りなくなる駆逐や巡洋改造図とラインナップも中々良い。

更に前回のイベントではイベント海域でのドロップ限定艦だった暁も貰えるのは意外でしたね。
イベント海域のドロップ限定艦はだいたいレア度関係なく非常にドロップ率が低い(暁も例外ではない)ので、今後もイベント海域ドロップ艦が累積報酬で狙えるようになるなら、イベントキャラコンプリートの敷居は低くなります。

鳳翔配布の時のように、本来入手が難しいキャラが簡単に手に入ってしまうことに抵抗を覚える方もいるでしょうが、イベントキャラであまりにも入手しづらいのは個人的に困るのでこれは個人的には嬉しい仕様。
まぁ復刻キャラだからこそ取りやすくしたって可能性もありますし、今後のイベント全てにイベントポイント累積入手報酬が付くとは限りませんがね。

 

前回のイベントのボックスガチャ方式のイベントPtの使い方についてはかなり不満がありましたが、今回は打って変わって前回の「紅染の訪問者」から大幅にパワーアップして帰ってきたといった感じ。
前回の鶴イベントの先行実装キャラや家具なんかは既に揃えていたので行く意味の無いイベントになるんじゃないかとも思ってましたが杞憂でした。

前回参加者の俺でもおいしいイベントだと思えるくらいなので、今後のイベントもこういう方式にしてくれたらいいですね。

新キャラについて

イベント復刻とは別に新たに「雪風」「最上」「三隈」が実装されていました。
簡単に彼女達についての感想も書いてみます。

雪風


雪風は史実では開戦から終戦まで戦い抜いて目立った損傷がないという本田忠勝(戦国時代の武将。五十回以上戦に参加しても無傷だった)みたいなチート駆逐艦。
それを反映したかの如くアズールレーンでもチート性能のキャラでした。

最大25%(四発に一発)もの高確率で受けるダメージを1まで引き下げるというスキルに加えて
後衛キャラ達の被ダメージ減少+一度だけ体力回復とスキル「側面防御」の上位スキルという艦隊の防御力を大きく上げるスキルを所持。

攻撃を上げる系統のスキルはありませんが、とにかく開戦から終戦まで無事生き延びたという史実を反映した生存性の高さがウリ。
高難易度海域などに連れて行っても最後までしっかり戦い抜いてくれるでしょう。

最上

最上は改造の出来る軽巡洋艦ですが、改造が完了すると重巡洋艦になるというちょっぴり変わったキャラ。
改造での艦種変更自体は他には戦艦から唯一の艦種である航空戦艦となる山城がいますね。

最上改は3つものスキルに加えて「主砲砲座+1」を得られることで、重巡としてはトップクラスの性能とのこと。
現状アズレンの重巡は不遇な艦種と言われがちですが、ハードなどで重巡が必要となった時に最上改がいると助かるかもしれませんね。

欠点としてはSRなので改造の際に入手の大変なT3設計図を多く要求されることでしょうか。
同じくT3改造図を大量に消費するSR巡洋艦では「神通」や「寧海&平海」と言った強キャラ達がいるので、改造図を使う優先度は正直それらよりは落ちるかなといったところ。

なぜか前回の鶴イベントガチャにもいた癖に復刻建造でのピックアップ率が妙に高い「野分」のせいで入手は困難な上に改造も必要ですが、それに見合うだけの性能はあるでしょう。

三隈

上の最上の姉妹艦の三隈も実装されましたね。
入手手段は累計イベントポイント入手数での報酬なので、手間はかかりますがしっかりとイベント海域を回せば勝手に手に入るので、そういう意味では簡単に手に入ります。

ただ性能についてはスキルもイマイチですし、最上と違って改造が無いので正直弱そうです。
改造があるならば改造待ちって感じですね。

ラフィー改について

綾波やジャベリンと並んで主人公格とされていたラフィーにも綾波達同様ついに改造が実装されました。

こちらもザックリとした紹介ですが雷装の綾波回避のジャベリンと来てラフィーは高い装填によって手数を増やして火力を増加させた感じとなっています。
Z46同様に魚雷だけに頼らない巡洋艦のような砲火力を手に入れたようなもんです。

同じ御三家主人公のジャベリン改や綾波改と肩を並べる強キャラではありますが、やはりSRの改造キャラなので改造図の入手が大変なのが難点ですね。

キャラストーリー

全くの新要素としてキャラストーリーなるものも実装されていましたね。
各キャラと司令官の番外編的なもので、嫁キャラがいる方にとってはお待ちかねの代物でしょう。

今回のアプデでは雪風瑞鶴だけが実装されていましたが、他のキャラも随時追加されていくそうです。
翔鶴ェ…

キャラストーリーを進めるには着せ替えスキン入手イベントのように任務を進める必要があります。
キャラストーリーというだけあって進めるには該当キャラを戦闘に連れて行ったり、好感度を上げる必要もありますが
秘書官にするのはキャラスト解放のための一回だけでも問題ありませんし、受けて損になるものでもないのでキャラストーリーの実装されているキャラを持っているならとりあえず受けてみるだけ受けてみてはいかがでしょうかといった感じ。

まとめ

とりあえずアプデの感想はこんな感じ!
イベント自体は過去イベントの復刻ですがただの復刻にとどまらずパワーアップも遂げており、それ以上に目立った新規追加要素も多いアップデートでした!

リアルが忙しく近頃はアズレンをガッツリとはやれていませんが、それでも中々満足なアップデートでした!

スポンサーリンク




スポンサーリンク




-アズールレーン
-,

Copyright© やりこめ!ゲームdays , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.