やりこみ系ゲームが好きな管理人が主に携帯機やスマホゲーに関する情報を扱うブログです。

やりこめ!ゲームdays

ポケモンORAS

【ORAS】スイクンの調整、技構成を考察してみた【育成論】

更新日:


前々から厳選していたスイクンですが、先日ようやく良い個体が引けました。
そこで実際にスイクンを育てていくわけですがスイクンもゴツメ型瞑想ねむカゴ型など色んな育成方法があります
(スイクンを入れたいと思っただけでどちらで使うかはあまり考えてませんでしたw)

そこで今回はスイクンの調整や技構成、持ち物などを考察していきます!
スイクンをどう調整したらいいか、
ゴツメ型、瞑想型のどちらで育成するべきかで迷っている場合も参考になる記事だと思います。

スポンサーリンク

持ち物

ずぶといスイクンの持ち物で人気なのはゴツゴツメット(ゴツメ型)カゴのみ(めいそう型)の二つ。
ただゴツメ型と瞑想型の違いも育成する上ではおおまかに言えば技構成と細かい調整の違いくらいで実際はそこまで大きくは違いません

技構成

攻撃技

ねっとう
タイプ一致技であり火傷で実質的に耐久をブーストさせられるねっとうはほぼ必須。

氷技(冷凍ビームorこごえるかぜ)
鉢巻ガブリアスの攻撃も耐えられるので反撃でガブリアスを落とすために氷技がサブウェポンでよく採用される。
れいとうビームやS操作のこごえるかぜが人気。
ただしC無振りだとれいとうビームでもガブリアスは確1にならないのでガブリアスを1ターンで落としたいならCに振ったりゴツメを使うなどをする必要がある

補助技

ねむる
スイクンにはじこさいせい、はねやすめのような再生回復技は無い
だからねむるが採用される、ただし耐久ポケモン対策のどくどくを無力化出来る点は優秀。
ねむるくらいしか回復技が無いので耐久型のポケモンではあるが回復手段無しというのも候補に挙がる
ねごと
ゴツメ型にねむるを取り入れる場合や、カゴ持ちでも二回目以降の睡眠時に行動できるように

めいそう
瞑想ねむねご型向け
ただし両受けを目指すのであればゴツメ型でも使わないことはない

ほえる
起点にされることを防ぐ用
ほえるを採用するなら氷技が抜かれることが多い

ミラーコート
特殊耐久もH振りだけでも十分なこともある。

リフレクター
ゴツメ型などで用いられる。
ただでさえ硬い物理耐久がキチガイみたいな固さになる。
リフレクターを使うならSに多く振っておくと良さげ

 

スイクンの努力値調整

H調整

個体値31でH252振りすれば自然と207、つまり16n-1となる。
身代わりを貼るとかでないなら特にぶっぱで問題無いかと

B調整

ずぶといなので基本は全振り。
スイクンは耐久力が高いイメージだが、実際は火力がインフレしてきていて結構ギリギリなので調整せずにHB252も全然アリ。
CやSの調整をするならBから差し引いていく形となる。

S調整

・無振り
S85のほかの主なポケモンはクレセリア、ヘラクロス辺り。

・4振り
端数。無振りスイクン、クレセリア、ヘラクロス抜き。

・12振り
4振りスイクン、クレセリア、ヘラクロス、無振りロトム抜き。
クレセリアは瞑想型なら起点に出来るので可能なら抜いておきたい相手である

・20振り
4振りロトム抜き
凍える風で最速グライオン抜き

・36振り
20振りロトム抜き
ロトムは使用率の高い電気ポケモンだが先に瞑想を積めれば持ち物性格努力値次第では起点になりうるので瞑想型でS調整をするなら意識しておくべき相手。
ちなみに先に瞑想を積めればロトムのC特化メガネ10万ボルトも耐えられる(だいたい6~7割くらい。ここまで喰らったら起点には出来ないが)

H252D無振り瞑想1積みスイクンに対するFCロトムの10万ボルトのダメージ計算
C無補正4振り 乱数3発 (69.9%) 31.8%~37.6%
C無補正252振り 確定3発 38.6%~46.3%
C特化 乱数2発 (0.39%) 41.5%~50.2%
C特化眼鏡 確定2発 63.7%~75.3%

・無補正60振り
最速50族ラッキー、マリルリ、クチート、準速60族(ピクシー、ポリ2、ラグラージ、ギルガルド、ニンフィア、ブルンゲル)抜き
凍える風で最速ガブリアス抜き
凍える風を採用するなら最低限ここまでは振っておくべきである。

・無補正68振り
準速バンギラス抜き
上の60振りをする場合で、どうせならバンギラスまで抜いておきたいと思うならこちら。
これ以上Sに割いては耐久がおろそかになるのでS調整するにしてもこれ以上は明確な目的が無いなら振らない方がいい。

・S150振り
209メガガルーラ抜き
ここまでSに割いたのならリフレクターを貼ろう

 

育成論まとめ

基本はHBで、調整する場合はBを削ってゴツメ型ならCに、瞑想型ならSに少し回す方向で。

育成例は
ゴツメ型@ゴツメ
HB252
ねっとう/れいとうビーム/ねむる/ねごと
瞑想型@カゴ
H252 B196 S60
めいそう/ねっとう/れいとうビーム/ねむる

だいたいこんな構成が基本なんじゃないでしょうか
こうしてまとめてみると瞑想型もゴツメ型も細かい部分では違うものの基本的にはかなり似ているものであることが分かりますね。

物理ポケモンに与える負担を増やしたいならゴツメ型、
特殊もある程度見られる両受け要員にしたいなら瞑想ねむカゴ型と役割対象を誰にしたいかでどちらか選んで育て上げましょう!

育成論的なものはあまり書いたことがありませんでしたがいかがだったでしょうか?
何か分からなかったり、質問などがあればコメント欄にどうぞ

スポンサーリンク




スポンサーリンク




-ポケモンORAS
-, ,

Copyright© やりこめ!ゲームdays , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.