やりこみ系ゲームが好きな管理人が主に携帯機やスマホゲーに関する情報を扱うブログです。

やりこめ!ゲームdays

ポケモンORAS

【ORAS】スイクンを厳選する時にはどの性格を狙えばいい?

更新日:

こんにちわ。
最近スイクンの厳選に手を出してみた管理人です。
物理受けだからずぶといを厳選しようと思っていましたが、他に何かいい性格が無いか調べてみたところ

圧 倒 的 ず ぶ と い 率
なんだこれはたまげたなぁ…。

管理人としてはもう少し臆病個体がいるのではと思っていましたがこうして見るとずぶといスイクンが主流だそうですね。
そこで今日はずぶといと臆病について考えてみました。
こうして記事にしてもずぶといで厳選するつもりなのは変わりませんがw

スポンサーリンク

性格について

ずぶとい

スイクンは主に物理受けとして採用されることが多いのでBを盛れる図太いが一般的です。
持ち物はゴツメを持たせて物理アタッカーを削ったり、カゴのみを持って「ねむる」を回復ソースにしたり。

ちなみにスイクンに限らず水タイプの耐久系ポケモンに物理受けが多いのは
水タイプの弱点を付ける草、電気の物理ポケモンが環境に少ない(パッと思いつく辺りだとキノガッサ、ナットレイくらい。サブウェポンも入れるならメガヘラクロス等)こと
ファイアロー、バシャーモ等の強力な物理アタッカーに水タイプに弱いポケモンが多いこと、
熱湯でやけどさせて物理方面を更に硬く出来ること

辺りが理由です。

昔はガブリアスすら受けられるとも言われてたが現在は火力がインフレしてきているので単純な数値としては足りなくなりつつある面も。
だから少しでも高く耐久を確保するために今はずぶといが人気なようですね。

おくびょう

スイクンのSは85。これは耐久型のポケモンとしては速いほうです。

耐久ポケモンでSを上げるメリットとしては相手より速く積み技を積めることです。
スイクンの場合だと瞑想を使うことが多いですが、
例えば相手が特殊アタッカーで
(スイクンではあまりいませんが)穏やかではSで負けていて先に攻撃されるけど
臆病個体だったらSが勝っているからこちらが先に瞑想を積めるという状況。
こういう状況だとDが1.1倍の穏やかよりも相手よりも速く瞑想を積んでDを1.5倍の状態で相手の攻撃を受けられる臆病の方が結果的に硬いということになります。
D補正無しの図太いと比べたら単純に1.5倍。強い!

ただBを上げる積み技が無いスイクンの場合は、そういう意味ではSを上げてもBは上がりません。
(一応ねっとうを図太いスイクンより速く撃ってやけどを引けば結果的に硬くなることはあるかもしれませんが)
ですから物理耐久よりは特殊耐久を上げたかったり、誰か明確な仮想敵がいる時にその仮想敵より上から行動したいという場合に臆病が選択されます。
ずぶといよりは何かピンポイントな目的を持った個体となります。

また今は身代わり貫通手段増えたのであまり見ませんが相手より速く動いて「みがわり」「まもる」を連打して特性「プレッシャー」の効果で相手のPPを枯らす通称「ノイクン」という個体もいましたが、その場合は臆病最速が採用されました。

性格まとめ

迷ったらとりあえずずぶとい安定だと思いますね。
臆病はすでにずぶとい個体がいる場合に使い分けで用意しておくとか、何か明確な目的(どうしても抜きたい相手がいる等)がある時に限ります。

そもそもS85だって中速アタッカーなら抜き去ることが出来るかもしれませんし耐久型のポケモンの中では速い部類ですが、
やはりポケモン全体で言えば速いとまでは言えないスピード。

素早さを上げるしっかりとした理由が無い限りは図太いで耐久を盛った方がいいです。

スイクン厳選について

スイクンの理想個体は
ずぶとい 175-×ー148-110-135-105
おくびょう 175-×ー135-110-135-115

となっております。

もし妥協するならC。
正直それ以外はあまり妥協しない方がいい。

厳選するときは相手の特性はプレッシャーなのでずぶとい狙いの場合はS104臆病狙いの場合はS114のプレッシャー、きんちょうかん、ダウンロード等の場に出ると同時に発動する特性のポケモンを出せば
特性の発動順(特性毎に優先度があるわけではなく、Sの高い方の特性が先に発動する)でおおよそSの見当がつくので楽です。

H確定にはH実数値175に調整したポケモンのいたみわけか、87レベルのポケモンのちきゅうなげ、ナイトヘッドがオススメ。
87レベルまで育てるのは大変なのでいたみわけの方が用意が楽。
いたみわけを使う場合は相手の先制攻撃でHPが変動しないように必ず先に行動できるようにしておきましょう。
いたみわけをするに当たってのオススメはいたずらごころヤミラミ。
いたみわけを使ってお互いのHPが変動せずに175のままなら捕獲、数値が変わればリセットです。

しかしこの方法だと戦闘前の特性の発動順でのS確定は出来なくなりますし、ミラーコート(ほとんどの場合後攻になる技)があるのでその後の行動順でのS判定は少し面倒です。
理由はいたみわけでHを判定したあとに素早さを測定する場合はそのあとに通常技(フィラのみを投げつけて混乱すればA下降補正の性格だと判明する「なげつける」がオススメ)の行動順でSを見ますが、
前述したようにスイクンには通常技よりも後攻になるミラーコートを持っていて多少めんどくさいからです。

なのでスイクンは
戦闘開始時に発動する特性でS判定をして、その後にナイトヘッドをする
という方法がオススメです。

ちきゅうなげorナイトヘッド+プレッシャーで判定する場合は特性の発動順でSを調べられて、あとは攻撃を当てるだけ。
スイクンのHPが黄色になったらリセット、緑のままなら捕獲です。
この二つ(行動順のわかる特性+ちきゅうなげorナイトヘッド)を満たすポケモンは例えばサマヨール(プレッシャー)がいます
まぁ管理人はマスボがあるしサマヨールの用意も面倒なので判定せず全部捕まえていますw

追記
個体値判定ポケモン用意しました!
個体値判定ポケモンを作ろうと思っている方は参考にどうぞ!
ボールが揺れる時間等を考慮するとマスボがある人でも判定ポケモンは連れて行った方がいいと思います。

スポンサーリンク




スポンサーリンク




-ポケモンORAS
-, ,

Copyright© やりこめ!ゲームdays , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.