やりこみ系ゲームが好きな管理人が主に携帯機やスマホゲーに関する情報を扱うブログです。

やりこめ!ゲームdays

ポケモンORAS

【ORAS】ジャロゴーリ構築を考察してみた【害悪?】

更新日:

記事タイトルの通りこの記事ではポケモンの「ジャロゴーリ」について考察していきます。
事の発端はORASで新しいPTを組もうとしてサポートタイプの「ジャローダ」を軸にした構成を作ろうと思ったのですが、その時に
「そういえばジャロゴーリって組み合わせあったよなぁ」
とふと思いついたのが始まりです。
実際に管理人もジャロゴーリをパーティに組みこんでみようと思ったので
あれこれ考察してみました。

スポンサーリンク

そもそもジャロゴーリとはどんな戦法なのか?

「ジャロゴーリ」とは簡単に説明するとジャローダで起点を作ってオニゴーリの特性「ムラっけ」で能力値を上げまくる戦法。
まずジャローダのへびにらみで相手を麻痺させて行動不可+素早さ低下させた状態で
オニゴーリが相手よりも早く「まもる」と「みがわり」を連打して(俗に言う「まもみが」)安全にムラっけで能力を上げるターン数を稼ぎ、各種能力を上げて全抜きを狙うという構築です。

ここで起点作り役にジャローダが選ばれる理由はなんといっても高い素早さから地面タイプも麻痺させられる「へびにらみ」を使えることや「リフレクター」や「ひかりのかべ」で後続のオニゴーリをサポート出来るからである。
ジャロゴーリを題材にした記事で言うのもアレだがこの起点作り役にはいたずらごころで先制電磁波が可能なボルトロスも候補に挙がる。
(実際ジャローダをボルトロスに変えたボルトゴーリという構築も存在する。)

「ムラっけ」ってどうなの?強いの?

ジャロゴーリ構築の要は何と言ってもオニゴーリの特性「ムラっけ」である。
「ムラっけ」の効果はターンの終わりに攻撃、防御、特攻、特防、素早さ、命中率、回避率の内のどれか一つをランダムで2段階上昇させたあと別の能力値をランダムで一段階下げるという効果。
かそくの二歩進んで一歩下がる版みたいなものである。

ムラっけが害悪と呼ばれる由縁は何と言っても攻撃や防御だけでなく上昇する能力値の中に回避率が含まれていること。
ちいさくなるを積みまくって相手の攻撃をヒョイヒョイ避わす害悪ポケモンのようにどんな相手に対しても勝ち筋を作り出すことが可能になるのが強み。
しかし個人的には1ターン経つごとに総合的な能力は一段階づつ上昇していく=ターンを稼げば稼ぐほどそれにつれて攻撃力や防御力も順当に強くなっていくのでそういった意味では害悪とはまた一味違うものだと考えている。

なお特殊アタッカーならAが下がっても痛くも痒くも無いように技構成次第ではデメリット無しで能力が二段階上がっただけということも起こりえる。
まもみがでターンを稼ぎ順当に能力を上げて、回避や麻痺等で行動不能になった時にみがわりを残せていたら相手は突破が難しくなる。
なおオニゴーリの技構成に関してはコチラの記事も見てみてください。

ジャロゴーリの弱点、対策

ジャロゴーリも完璧ではなく弱点や不利な相手というものもいくつか存在する。

挑発などで起点構築やまもみがを妨害される

特にへびにらみでも麻痺せず、いたずらごころ挑発や電磁波でこちらを掻き乱してくるボルトロスとか。
オニゴーリ自身耐性の少ない単氷タイプで、素の能力もそこまで高いというわけではないのでサポート無しで居座るのは少し危険。

草タイプと氷タイプの相性自体は優秀な組み合わせではない

氷タイプが抱える課題ともいえる。
格闘タイプはオニゴーリの弱点だがジャローダで半減することは出来ないし。
炎技なんかはジャローダとオニゴーリの共通の弱点だからヤバい。

身代わり貫通技、連続技

身代わり系全般の弱点は当然まもみがで身を守るオニゴーリにも有効。
具体的には特性「すりぬけ」「ハイパーボイス」、「むしのさざめき」のような音系攻撃連続技等である。
その中でも特に「ロックブラスト」はオニゴーリに対して効果抜群なので注意が必要。
実際に見たことないけどメガヘラクロスのつっぱりとかもタイプ一致連続技。
あと言わずと知れた糞親子メガガルーラとか。

他には特性すりぬけ持ちでジャローダとオニゴーリの共通の弱点である炎技をタイプ一致で使えるスカーフシャンデラ、ラムシャンデラ等も危険。

先制技

いくら素早さが上がろうと身代わりを貼る前に殴られる先制技も有効。
特にマッハパンチやバレットパンチ等オニゴーリに対して効果抜群になる先制技も存在するので注意。
更にこれらはキノガッサやハッサム、ローブシンみたいな特性で火力を上げられる使い手が多いので
良くて身代わりが貼れなくなり、悪くて即死なんてことも起こりうる。
実際ムラっけオニゴーリと初めて対戦した時も
「やべぇよ…やべぇよ…ムラっけオニゴーリとか聞いてないよ…オワタ\(^o^)/」
な状況からメタグロスのバレパン連打でゴリ押し突破出来たこともあった。

ほえる、吹き飛ばし

いくら能力を上昇させてもリセットされてしまっては意味が無い。
ほえるに関してはラスト1匹で無い限りどうしようもないので
カバルドン、ラグラージ、エアームド、スイクン辺りがよく使ってくるのでこれらのポケモンに対して気をつけるしかない。

オニゴーリの技スペースが厳しい

戦法上「まもる」「みがわり」は確定なので、技スペースは二つしか空いていない。
よく選択される技は「じしん」「フリーズドライ」「こおりのいぶき」「ぜったいれいど」
ぜったいれいどはともかく他三つでは突破が厳しい相手にはいくら能力値が上がろうと苦戦を強いられることとなる。

回避率上昇を引けば勝ち筋を残せるとはいえ、やはりこれらの相手に対しては少々分が悪い。

ジャロゴーリに有利なポケモン達

パッと思いついた辺りでジャロゴーリ構築の苦手なポケモンは
起点作成を邪魔されるボルトロスやエルフーン。
身代わりを貫通出来るニンフィア、メガサーナイト等のスキンハイボ組や連続技使いのメガガルーラ、メガヘラクロス。
ラム持ちウルガモス、根性ローブシン、スカーフシャンデラ
等とは相性が悪い。

ジャロゴーリと組ませるのに相性のいいポケモン

ジャローダとオニゴーリの二匹だけでコンボが出来上がる上にメガシンカ枠を使わないからパーティの自由度は結構高い。
ジャロゴーリを選出しない場合でも活躍出来る単体でも強いポケモンを入れていくのも良し、
ジャロゴーリの補完としてPTを組んでいくのも良しである。

補完なら上に書いた弱点を潰していくような形でPTを組んでいこう。
ロックブラスト持ちが怖いから岩を受けられるポケモンだとか
ニンフィアのスキンハイボを受けられるように鋼タイプのポケモンを入れるとか
またせっかくジャローダが起点作成役なんだから別の積みエースを用意するとか
逆にオニゴーリの起点を作る役を別に用意してみるとかも面白そうである。

実際に使ってみた感想はコチラの記事で公開しています
興味のある人は参考にしてみてください。
また、管理人が作成したPTに関しては記事にするかどうかは不明ですが、もし公開するようなことがあるのならその時は楽しみにしていてください。

スポンサーリンク




スポンサーリンク




-ポケモンORAS
-, ,

Copyright© やりこめ!ゲームdays , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.