やりこみ系ゲームが好きな管理人が主に携帯機やスマホゲーに関する情報を扱うブログです。

やりこめ!ゲームdays

大逆転裁判

【ゲームレビュー】大逆転裁判の感想を書いてみます

更新日:

大逆転裁判を全編クリアするまでプレイしてみた感想のまとめです。
極力ネタバレをしない方向でどんなゲームだったか簡単に評価していきます。

これから買おうかなと迷っている人の参考になったらなあと思います。

スポンサーリンク

良かった点

逆転裁判新作と呼ぶにふさわしい出来

逆転裁判の初代から4までディレクターとシナリオを担当(ついでにナルホドくんの「異議あり!」「待った!」などのボイスも)した、まさに「逆転裁判の生みの親」とも言うべき巧舟氏が再度手がけた逆転裁判シリーズ。

管理人は逆転裁判1から5までプレイ(残念ながら逆転検事シリーズは未プレイ)していて今回も逆転裁判シリーズ最新作と言われて即購入決定しましたが、逆転裁判の名に恥じないクオリティではありました!

「タクシュー節」全開のテキストや個性的なキャラ等の逆転裁判シリーズ特有の魅力は健在。
逆転裁判シリーズが好きで気になっているという人は買ってみても損はしないと思います。

管理人はキャラクターだとティンピラー兄弟というキャラが一番好きでした。
憎めない小悪党キャラと言った感じのキャラなのですが、とても尋問のしがいがありました。

シリーズの小ネタも多い

今までのシリーズが現代を舞台にしていたのに対して今作は明治時代のお話。
しかし世界観自体は同じようで今までのシリーズをやっているとニヤりと出来るような小ネタもありました
逆転裁判の新作という意味ではちゃんと逆転裁判をしていたというか期待は裏切られない出来で面白かったです。

悪い点

完結していない

外伝作品で一話で全て解決する作品かと思いきやこの作品だけだとまだまだ明かされない謎や伏線はたくさんある未完状態。
今後続編が出るのか、はたまたDLCで追加の話が出るのかは不明ですけど、「一作で全ての話を終わらせるべき!」って人や「未完なら完結されてからの評価を見て決める!」って人は完結するまで様子見したほうが良いです

追記
続編は出て、現在は完結しています。
ですが、このソフト一本だけでは未完なのは変わらずです。

難易度は低い

ヒントがちょっと多すぎて簡単すぎると思いました。

例えば「といつめる」はどのタイミングで誰をといつめればいいのかが非常に分かりやすい
難事件を推理して解決する手ごたえを得たいという人にはちょっとオススメ出来ないかも。

総評

作品単体で見ると未完のまま終わったのが残念だけど逆に言えばそれまではすごく楽しめたゲームでした。
続編として大逆転裁判2が出るのか、今後のDLCで続きの話が配信されるかはまだわかりませんが、十分な評価を下すには続き次第って作品ではあります。
未完で正直ガッカリした部分もあるけどEDを迎えるまでは面白くて続きが気になって気になって仕方が無かったので、
「えっ!?ここで終わり?まだ完結しないの?」と言いつつも続編が発表されれば迷い無く買う、そんなゲームでした。

追記
続編出たので感想記事書きました

【ゲームレビュー】大逆転裁判2 -成歩堂龍ノ介の覺悟-の感想書いてみます

スポンサーリンク




スポンサーリンク




-大逆転裁判
-, ,

Copyright© やりこめ!ゲームdays , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.