やりこみ系ゲームが好きな管理人が主に携帯機やスマホゲーに関する情報を扱うブログです。

やりこめ!ゲームdays

アズールレーン

【アズレン】巡洋改造図を掘るならどこがいい?ハード海域のドロップ品まとめてみた!

更新日:

Screenshot_20180212-183203.png

2月12日のアップデートでポートランドや平海寧海の改造が実装されますね!

管理人は平海をまだ持っていないので、平海寧海の改造に関しては正直他人事みたいに思っている部分もあるのですが、
ポートランドの改造は前々から楽しみにしており、この為に巡洋艦改造図も溜めてました!

とはいえ当然ながら改造で使えばまた改造図は減ってしまうので、近頃は巡洋艦の改造図を集めています
さて、そこでハード海域を回して改造図を稼ぐわけですが
ふと「どの海域で改造図を集めるのがいいんだろう…?」と疑問に思いました。
ブログのネタにもちょうど良さそうですし

今までは適当にその時々の気分や欲しい設計図やドロップキャラ等を見比べて決めていたのですが、
記事としてまとめておけば後から見返しやすいだろうと思ったので、それぞれの海域のメリットとか副産物とかをメモがてらまとめていきます

※3/15追記

3/15のアップデートにてハードモードクリアの報酬に「コアデータ」という強力な装備などと交換できるものが追加されました。
このコアデータによってハードモードは基本的に出来る限り高難度の海域をクリアするのがベターとなりました。

スポンサーリンク

はじめに

改造図はハード海域で出ます(勲章での交換や一部の任務や委託でも入手出来ますが、今回はひとまず置いておきます)
ハード海域は通常のストーリー海域を少し難しくして、ボスドロップに改造図を加えたようなものです。
なお今回扱う「巡洋改造図」は、各海域の第二ステージでドロップします。

基本的に攻略する海域の選び方は改造図の出やすさ改造図以外で手に入るものを吟味して考えるのがいいと思います。
コアデータのことを考えるとなるべく自分がクリア出来る中で最も高難易度のステージをクリアするのがいいです。
せっかくまとめたものですので副産物等のデータは残しておきます。
コアデータがいらなかったり、コアデータ以上に欲しいものがあるならそちらでいいと思います。

1-2

主な副産物:無し

第一章のハード海域。
序盤も序盤なので目ぼしいドロップ品は無いが、ハードとはいえ第一章なので敵はめちゃくちゃ弱い。
言うまでもなくハード海域で最も簡単(燃料を減らしたり経験値目当てのキャラも出撃出来る)
だが、改造図の入手自体がランダムである。
高難度の海域では少なくともボス戦でS評価を取ってクリアすれば、何かしらの改造図が必ず手に入るのだが、
低難度のハード海域ではクリアしても改造図がドロップしないことがある
ハード海域の攻略に1日6回までの回数制限がある中で改造図が出ないのはめちゃくちゃ痛いので、ハードの低難易度海域を回すのは正直オススメできない

ちなみに出てくる改造図はT1改造図とT2改造図のみ。
改造をしていくなかで一番不足しがちな改造図はT2(どのレア度の改造でも大量に消費されるから)であり、T1も6枚集めて合成すればT2改造図となるので、T2集めという観点で見れば一応無駄のない構成ではある。

2-2

主な副産物:祥鳳

ドロップ限定キャラの祥鳳(軽空母)がドロップする数少ない海域の一つ。
祥鳳は改造が可能であり、同じ軽空母のユニコーンのように前衛キャラの耐久を回復させるスキルを持つ。
まだ持っていなかったり、完凸がまだなら狙ってみてもいいかもしれない。

改造図に関しては1-1とほぼ同じ。
T1とT2の改造図のみ出てくるが、1-1同様必ず改造図が手に入るわけでもないので個人的には非推奨。

3-2

主な副産物:蒼龍、飛龍、チャールズ・オースバーン、SB2CヘルダイバーT3設計図

第三章のハード海域。
比較的序盤の海域だが、ドロップ品には恵まれている

まずドロップ限定艦の蒼龍、飛龍が手に入る数少ない海域の一つ。
Sレアなのでドロップ率は低いが、持っていないならついでに狙ってみてもいいかも。
またドロップ限定ではないが、前衛キャラの速力をアップさせる超強力な設備ビーバーズ・エンブレムの入手条件を満たすのに役立つチャールズ・オースバーンも出てくる。
彼女がいなくともビーバーズ・エンブレムは取れるが、オースバーン自身も味方前衛艦の速力を上昇させる珍しいスキルを持っているので、育ててみてもいいかもしれない

設計図では強力な爆撃機であるSB2Cヘルダイバーの設計図が掘れる。
紫装備なので設計図10枚で作れる上に、最終装備候補にもなる爆撃機である。

3章のハードからT3改造図(金改造図)がドロップし始める。
しかしこの海域でもまだボスから確定で改造図が落ちない

改造図以外のドロップ品が魅力的なので、改造図に余裕がある人が副産物目当てにその日のハードを消化するにはいいといった印象。
改造図以外はノーマルモードでも落ちるので改造図狙いなら正直やめておいた方がいいかも

4-2

主な副産物:時雨、120mm連装砲T3設計図、152mm三連装砲T3設計図、150mmTbtsKC/36連装砲T3設計図

Sレアでドロップ率は低いが、一応ドロップ限定キャラの時雨が出てくる。過去に配布されているが
また売店でお馴染みに不知火も一応4章でのドロップでしか手に入らない。

しかし4-2はなんと言っても手に入る設計図が優秀
120mm連装砲は重装甲の相手以外に対しては高い攻撃力を誇る駆逐艦主砲。
152mm三連装砲は広範囲に弾をばら撒く軽巡主砲。戦艦の副砲として使えば自爆ボートの処理にとても役立つ。
150mmTbtsKC/36連装砲はベルファスト以外の軽巡洋艦に持たせるなら最強との呼び声も高い軽巡洋艦主砲。4-2では軽巡の改造図が掘れるので、そういう意味でマッチしているのも〇

また、4章から少なくともSランクならボス戦で何かしらの改造図が確定でドロップするようになる。
敵レベルも60レベル程度と完凸したキャラを複数抱えているなら少人数でも十分攻略できて、
ボスまでに必要な戦闘数もたった三戦と回しやすいので
改造図だけを狙うなら個人的に4章が一番オススメ

5-2

主な副産物:クイーン・エリザベス、ジュノー(軽巡)、F6FヘルキャットT3設計図

五章のハード海域。
言わずと知れた「ロイヤル艦隊」の要、クイーン・エリザベスがドロップする。
もし持っていないなら是非とも手に入れておきたいキャラである。
また「真珠の涙」を持たせることでやられた時に味方艦隊の耐久を回復して演習で活躍している軽巡のジュノーもついでに出てくる。

設計図は戦闘機のF6FヘルキャットT3の設計図も手に入る。
金装備なので設計図集めは大変だが、現状設計図で作れる戦闘機としては最強クラスである。
ついでに紫装備であるT2のヘルキャットの設計図も出てくる。T2はそこまで突出して強いわけではないが、繋ぎとしては十分な性能ではある。
この辺りから敵も相当強くなり、出撃条件も厳しくなってくる。

またボス出現までに必要な戦闘数も4回になっているので、改造図だけを目当てにするなら4-2の方が圧倒的に早く終わる。
5-2はQEやジュノーはどちらかと言えば演習向きのキャラなので演習での戦闘要員が欲しかったり、戦闘機が不足している場合なら行ってみるのもいいでしょう。

6-2

主な副産物:T3パーツ、扶桑、山城、白露、エクセター、155mm三連装砲T3設計図、406mm三連装砲MK6T3設計図

ドロップ限定艦の白露が出てくる。
扶桑、山城も一応ドロップ限定艦だが、夕立掘りに手を出すと嫌と言うほど出てくるので正直気にしなくていい
あと5-2の項で書いたジュノーと同名の駆逐艦も出てくる

エクセターは建造でも出てくるが
中国版の方では改造が追加されている(重巡洋艦なので巡洋艦改造図が必要)のでやがて来る改造に備えるならばと思い一応記載。

装備の設計図では155mm三連装砲T3(通称:ベルファスト砲)406mm三連装砲MK6T3が強力。
155mm三連装砲はベルファストの最適装備である軽巡洋艦主砲であり、ベルファスト以外でも榴弾が使いたかったり、金装備特有の高い火力補正を受けたいなら候補となる。
406mm三連装砲MK6は紫装備ながら戦艦主砲としては最強とも言われる武器。いくつあっても困らないはず。

また、6章以降のステージなので、装備強化に必要なT3パーツが出てくる。
現状改造図掘りとT3パーツ調達を両立できるのは6章のみ。

ボス出現までに必要な戦闘数は5-2と変わらず4戦だが、2018年2月現在のハード海域最難関だけあって敵も強い(レベル80ほど)
周回はある程度大変である。

まとめ

コアデータが多く貰えるので6章推奨。

スポンサーリンク




スポンサーリンク




-アズールレーン
-,

Copyright© やりこめ!ゲームdays , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.