やりこみ系ゲームが好きな管理人が主に携帯機やスマホゲーに関する情報を扱うブログです。

やりこめ!ゲームdays

アズールレーン

【アズレン】フィジーがドロップする海域まとめ!周回してフィジーを掘りあてよう!

更新日:

フィジー.jpg
イベント「凛冽なりし冬の王冠」で新規実装されたキャラの中には、
イベント海域でドロップするキャラが何人かいます。

デューク・オブ・ヨーク(DoY)やマスケティーア、フィジー等がそれですが、
DoYはイベントPt報酬で、マスケティーアはイベント海域☆3達成報酬でそれぞれ貰えます。

今回記事にするフィジーだけはイベント海域でドロップするしか入手方法がありません

というわけで、今回はフィジーのドロップする海域についてまとめていきたいと思います
レアリティはRですが中々出にくいフィジー、取り逃さないようにしっかりと周回したいですね!

スポンサーリンク

フィジーがドロップする海域

フィジーはノーマル海域ではA3、ハード海域ではC3とD2でドロップが確認されています。
当該海域であればボスからも、道中の雑魚艦隊からもドロップするようです。

この三つの海域を少しまとめてみるので、どの海域を回すかは手持ちの艦隊等から相談して決めるといいと思います。

A3

主な副産物:クイーン・エリザベス、レナウン、283mmSKC34三連装砲T3設計図、QF八連装ポンポン砲T2設計図、火器管制レーダーT3設計図

ドロップキャラでは一緒に出撃するロイヤルキャラを超強化することでお馴染みのクイーン・エリザベス(QE)が狙える。
演習では最強クラスであり、戦艦故に消費が重いものの通常海域で使っても強い。
また、今回のイベントで手に入る新キャラ達もロイヤル陣営なのでみんなQEの強化対象である。

他は正直いまいち。
一応図鑑報酬対象キャラでSRのレナウンくらいか。

設計図ドロップの方は
戦艦主砲最速の発射速度を誇る283mmSKC34三連装砲は持っていなければ作っておきたい代物。
デューク・オブ・ヨークの装備としても優秀です。

他には火力や命中を上げられる設備の火器管制レーダーや、かつては紫装備ながら金装備をも凌ぐとまで言われたQF八連装ポンポン砲T2の設計図は集まれば役に立つかも。

正直副産品はイマイチだが、フィジーの出る海域では最も簡単(唯一のノーマル海域なので当たり前だが)。
高レベルのキャラがいれば2隻で攻略することも可能なほどなので、一応レベリングにも使える

 

C3

主な副産物:クイーン・エリザベス、QF八連装ポンポン砲T3設計図、T3パーツ

キャラドロップはA3と変わらず。

設計図ではA3でドロップした、紫ポンポン砲の上位装備の金対空砲QF八連装ポンポン砲T3がドロップする。
かつては対空砲において一強とされるほどの性能を持っていたが、今は修正されて金対空砲では下位クラスとなってしまった(正確には他の対空砲が軒並み強化された)
他の金対空砲があり余っているならば必要無いが、実際対空砲が必要なキャラはとても多くそんなことはまず起こらないため、集められるなら集めておいた方が無難だろう。

C3というよりもイベントハード海域の特徴だが、装備の強化に必要な紫色のT3パーツがドロップする。
そして確率は低いがボス艦隊とセイレーンからはT4装備箱が落ちる可能性がある

イベントPtの時間当たりの回収効率もA3よりも上だが当然難易度もA3よりは高く、出撃時に艦種制限もある。
特に実装当初から弱体化修正が入ってもなお敵セイレーンキャラは強力。

また、単純な難易度だけでなくなぜかC3はボスが出現するまでに必要な雑魚戦がA3より一回多い

 

D2

主な副産物:マスケティーア、ユニコーン、アークロイヤル、シーファングT3設計図、バラクーダT2設計図、T3パーツ

後半海域で唯一フィジーのドロップが確認されているステージ。
ノーマル版のB2では出てこない。

ドロップキャラでは、フィジーと同じく今回のイベントで実装されたマスケティーアが落ちる。
マスケティーアはドロップ以外でもイベント海域の☆3達成任務でも貰えるが、凸を狙ったりするなら。
他にはユニコーンアークロイヤルといった強力な空母が目立つ。

ユニコーンは前衛の耐久を回復し、装填値まで上昇させる有能な支援系キャラで、
アークロイヤルは二つの攻撃機スロットによって高い攻撃力を誇る。摩耶掘りでは大活躍する。

 

設計図では何といっても金装備であるシーファングT3が狙い目。
F6Fヘルキャットや烈風に並ぶ最強クラスの戦闘機であり、艦載機はいくつあっても困らないので作れるなら是非作っておきたい。
現状シーファングのT3はほかに設計図がドロップする海域が無いので、
イベント期間中に集められなければ残りの設計図がゴミと化すという欠点があるが、
道中に出てくるセイレーンからもシーファングT3設計図は狙える上に、シーファング自体が装備箱からも出てくる一般的な装備なので今後もT3設計図が落ちる海域が実装される可能性はあるので、
個人的にはシーファングT3設計図集めにチャレンジする価値は十分にあると思う。

他に出てくる設計図で良さげなのは汎用魚雷を使う攻撃機としては三番目に強いと言われるバラクーダT2がオススメ。
紫装備の上に通常海域でも設計図が落ちる海域はある(かなり進めないといけないが)ので比較的作りやすいのもGOOD。

 

イベントPtも一回のクリアで150ものポイントが得られるが、
代わりに攻略難易度はかなり高い

強力なセイレーンキャラ(エリート艦隊)は三体も出現し、ボス出現までには六戦必要(セイレーン戦を含めてもいい)
フィジーはボス以外でもドロップするので、フィジー掘りという観点から見ればあまり関係の無いことではあるが高難易度かつ消費燃料も多く、キツい海域だということだけは覚悟が必要。

フィジーの出る海域の中では一番ウマい海域ではあるが、上で挙げたように難易度も相応に高い。
ハイリスクハイリターンな海域。

まとめ

低燃費で回したり、より簡単な海域がいいならA3
副産物も狙うならD2ですね

今回のイベントでは唯一の完全なドロップ限定艦だがドロップする海域が少ない。
僕は燃料に余裕がある限りはシーファングを狙いつつD2を回します!

スポンサーリンク




スポンサーリンク




-アズールレーン
-,

Copyright© やりこめ!ゲームdays , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.